今思うとホント馬鹿だなって思うんだけど、高校生の頃、死にたくてたまらなかった時期があった。

ある日、意を決して列車に飛び込もうと思った。
踏切の遮断機のそばで、電車が通るのを今か今かと待ってた。
でも、待てど暮らせど電車は来ない。

仕方なく次の死に場所を求めて街中を歩いていると、電気屋のテレビが見えた。
どうやらさっき電車が来なかったのは、車両故障のため手前の駅でストップしてたらしい。
次に、近所で一番の高層建築物である、13階建てのマンションに行った。
10階の踊り場あたりで、このへんで充分な高さかな、と身を乗り出していると、
隣の階段の上階(もしかしたら屋上だったのかも)から人が飛び降りた。
持ってたPHSで、とにかく救急と警察に連絡した。
目撃者ということで警察からいろいろ聞かれているうちに、飛び降りる機会を逸してしまった。

仕方なく帰宅して、最後の手段だとばかりに、ビニール紐で首をくくってみた。
紐が切れた。

死ねないと思った。むしろ生きようとそのとき思った。

で、今日に至る。
後で知ったんだけど、その日は、俺が2歳のときに亡くなったひいじいさんの命日だったそうだ。
俺は、ひいじいさんが止めてくれたんだ、と思うことにしてる。


転載元:不可解な体験、謎な話~enigma~ Part40