子供の頃で思い出した。俺に起こった不可思議なお話。

5月の節句で、俺の為に飾ってくれていた兜と小刀。
幼稚園生だった俺には、魅力的な遊び道具にしか見えなかった。

その長さ30cm程の模造刀を、自慢げに自宅前の公園にこっそり持ち出して、友達と遊んでいた時の事だった。
勿論、模造刀だから刃に触っても切れはしないんだが、先は鋭くて、
何かの拍子で俺は、可愛がっていた弟分の目を刀で突いてしまった。

噴出す血にパニックになりながらも、慌てて自宅まで俺は母ちゃんを呼びに走った。

慌てて駆けつける俺の母ちゃんと、その子のお母さん。
公園も騒然となって、救急車で運ばれていく弟分。
子供ながらに、取り返しの付かない事をしてしまったのが解った。

泣きながら自宅へ連れ帰されると、暗い仏間の隅で独り泣きじゃくっていた。

どれ位そこで泣いていたのか判らない、
うつ伏せになり泣いていた俺の周りが明るくなっている事に気が付いた。まるで朝日が差し込むように。
その事故が起きたのは昼の2時頃だったはずだが、あたりの雰囲気はすっかり朝のそれだった。
チュンチュンとなく雀の鳴き声、差し込む光。
突然、母ちゃんの声が聞こえた。
「あんたそんなとこで何してんの!早く歯を磨きなさい!」
訳も解らないまま顔を上げると、朝の忙しい我が家の風景だった。

訳が解らず、母ちゃんに「ごめんなさい、ごめんなさい」とただ謝って、
俺は「○○ちゃんどうなったの?」聞いてみたが、
「○○ちゃんどうかしたの?」と、逆に聞き返してくる始末だった。
俺は「だから、昨日刀を目に突き刺しちゃったじゃないか~」と言うと、
「何!あんたそんな事したの!怪我は?昨日の何時したの?」と聞き返すばかり。
ますます解らなくなり、居間の兜を見に行くと刀が無い。

理解できぬまま幼稚園に行くと、弟分は目に眼帯をして来ていた。
あ~やっぱり俺はやってしまったんだと落ち込み、恐る恐る謝りにお母さんと一緒の弟分の所へ行くと、
普通に、
「○○ちゃん(俺)おはよ~。
 ○○(弟分)今朝からばい菌が入っちゃて、目が腫れちゃってるのよ~
 いじらないように見張っててね」
と、予想外の事を言ってきた。
腫れた目は昨日俺がしてしまった事とは関係なく、今朝起きたらなっていたと言う。

頭が混乱したまま自宅へ帰ると、
母ちゃんが「あんた、刀どこにやったの?危ないから遊び道具にしちゃ駄目だっていったでしょ!」
自宅前の公園に訳も解らず探しに行くと、ベンチの上に刀が置いてあった。

夢じゃなく、確かに俺は弟分の目を突いてしまった筈なのに、何事も起きてない日常に戻されていた。
暗い部屋で独り泣いていた筈なのに。
弟分の目の腫れといい、刀の紛失といい、本当に未だに理解できない出来事でした。



引用元:不可解な体験、謎な話~enigma~ Part30