工房の時にマクドでバイトしてたんだけど、その時の社員さんに聞いた話。

その社員さん(仮にAさん)は中学の時に、
親戚の叔父さんが経営する倉庫で、夏休みを利用してバイトすることになったらしい。
朝の九時から晩の七時までを日給四千円って事で。
時給に直すとアホらしいが、厨房当時のAさんにとって日給四千円は魅力的だった。
Aさんは四千円の使い道を考え、わくわくしながら倉庫へ向かったらしいが、
真夏の倉庫での作業はAさんの想像以上にハードで、昼を過ぎる頃には『叔父さんに謝って帰してもらおう』と思う程だった。
それでもAさんは四千円欲しさに必死で働いたらしい。

そして、何とか夕方まで働いた。
時計を見ると六時を少し過ぎた頃、厨房のAさんの体力はとっくに尽き果て、意識朦朧としながら働いていた。
その姿を見て叔父さんから、倉庫の二階で作業する様に言われた。
「二階で、空のダンボール箱を潰してくれればいいよ。七時まで待って今日は上がろう」
Aさんは、その叔父さんの言葉に救われた気持ちになった。

さっそく倉庫の二階へ上がってみた。
Aさんが思っていたより広く、小学校の体育館位の広さがあるように思えたらしい。(実際そんなわけ無いが)
ちょうど夕陽が差し込んできており、大量の荷物で見通しの悪い倉庫がオレンジ色に染まった。
オレンジ色の夕陽の中で、Aさんはひたすら空のダンボール箱を潰していった。
その広い二階にはAさん以外に人の気配がまったくせず、楽な作業に没頭していった。

Aさんはそのうち時間が気になりだした。
『もしかしたら、もう七時を過ぎてるんやないだろうか?』
辺りを見わたしても時計は無かった。
急にそれまでの疲れが出てきて、Aさんは自分で潰したダンボール箱の山に座りこんだ。
『二階に居てるのは俺だけやし、少し位いいやろ』
そう思って顔を上げた瞬間、10メートル程先の倉庫から人が覗いてるのが見えた。
半身になってこっちを見ている。
すでに倉庫の中は薄暗くなっていて顔までは見えない。
でも、真っ白いワンピースの様な格好をしている事は分かった。
Aさんは慌ててダンボール箱を潰す作業を再開した。
『いつから見られてたんやろ?これでバイト代を下げられたら洒落になれへんわ』
Aさんはその人影を他の従業員だと思い、必死でダンボール箱を潰した。
『ちゃんと働いてる所を見てくれてるやろか?』
そう心配になり、Aさんは人影が在った方をもう一度振り返ってみた。
その瞬間、Aさんの全身に鳥肌が立った。

Aさんの2、3メートル先のダンボールが山積みにされた影から、さっきの白い人影が半身でAさんを覗いていた。
白い人影は髪が長く、倉庫の暗さもあってその表情はまったく見えない。
ただ、口だけが異様なまでに早く動いている。
何かを呟いているが、Aさんの位置からでは全く聞き取れない。
Aさんはショックと恐怖で全く身動きが取れなくなった。
白い人影が、ダンボールが山積みされた影から少しずつAさんの方へ近づいてくる。
Aさんはその人影の異様に早く動く口から目を離せなくなった。
「ぶぶぶ……ごぶぶぶ…ごぶぶぶぶ……ぶぶぶぶ……」
Aさんの耳では全く聞き取れないほど早口で喋っている。
少しづつ近づいてくる。それに連れてAさんも聞き取れてくる様になった。
「ぶぶぶ……けしてぬ……ごぶぶぶ……なわいわぬ……」
「てぃはや…けしてぬ……いんでは…………しね………」

そこまで聞き取れた時にAさんは気を失ってしまった。
叔父さんに起こされた時には、七時を少し過ぎた頃だったらしい。
その後、Aさんはなぜか色盲になってしまい、(普通は中学にもなって発症する事は無いらしい)
流石にトラウマになったらしく、大学生になるまで誰にも話せなかったそうだ。



転載元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?47