今回は私(Y)の父の話をします。

父の始まりは4、5歳の時の不思議な体験からだったそうです。

ある日の午前中、小さかった父は家の近所の路地で虫をさがしたり、石を拾ったりしながら一人で遊んでいたそうです。

ちょうど家の裏側の道へ出た時にそこにあるお家には鯨幕(お葬式の白黒幕)がかかり、午前中にもかかわらず暗い雰囲気が漂っており怖くなって家に走って帰ったそうです。

そして父の母(私の祖母)に裏の家が怖くて変だと言うと確認しに行ってくれたそうですが特に何も変わったことはなかったと。
父も腑に落ちなかったそうなのですが怖くて再度見に行くことはしなかったそうです。

そして数日後裏のお家で急に亡くなられた方がいて、実際にお葬式が行われたそうでした。

これには私の祖父母もとても驚いたそうです。
しかも今回だけではなくもう一度同じようなお葬式の様子が見えて、数日後に人が亡くなるということがあったそうです。

それからの父の体験談はまた後日投稿させていただきます。

お読みいただきありがとうございました。


投稿者:Yちゃん