初めまして。

私は特に霊感が強いということはなく派手な経験はないです。ただ心臓が止まるかと思うようなことが一度だけあったので書かせてください。簡潔にまとめるのが下手なので長くなるかもしれません。



私が12~13歳で、3歳年上の姉と二人部屋だった頃の出来事です。



「押入れを整理してたらこの人形があった。これあんたが生まれた時に買ったんよ。双子の妹みたいなもんよ。大分汚れてるから洗ってあげたらいいよ~」

ある日こんな感じで母が嬉しそうに姉に人形を渡しました。それは顔と手がプラスチックで他は布でできている赤ちゃん人形でした。いつから押入れに放置していたのかは定かではないけれど、長年手入れもされずに放置されていた人形は埃をかぶり煤けたような汚れ方で私でも正直触りたくないなぁと思う状態でした。


姉は記憶にあるにはあるし懐かしいといえば懐かしいけど、洗ってあげたいほどの愛着はぶっちゃけない、面倒臭いと言った感じでした。


当時の私は人形好きで、自分の箪笥の上には所狭しと人形やぬいぐるみを座らせていました。子供なりに考えて箪笥が多少揺れても落ちないようにしっかりと。某物置のCM状態ですwそして、小さい頃から人形を入手した日の夜はその新入りと一緒に布団で寝るという拘りがありました。さすがにこんな汚ない状態では一緒に寝る気になりませんが、なんだか素っ気なくされて可哀想だと思ったので姉の人形を私の箪笥にとりあえず座らせておくことに。


その晩、いつもと何ら変わらず箪笥の前に布団を敷き階段と部屋の電気を消して寝ました。


どのくらい眠ったでしょうか。時間を確認していないので何時頃かはわかりませんが、ふいに目が覚めました。部屋の出入り口は襖の建てつけが悪くなりアコーディオンカーテンをつけているんですが、閉めたはすが全開。しかも階段の電気がついており、そのせいで眩しく感じ目が覚めたのだとわかりました。


「なんで電気ついてんの!」

と思いながら消しに起き上がるのも面倒臭いなぁどうしようかなぁ…と入り口の方を見ながら考えていると、ひょこっとあの赤ちゃん人形が部屋を覗きました。そしてトコトコと私の横に来て、私の顔を覗き込みながら

「ねぇ、起きて。来て。」

と言ったのです。まだ半分寝ボケた状態の私は別段怖がることもなく無言で拒否しました。


すると人形は部屋の入り口に戻り私の方へ向き直りまた

「ねぇ、こっち来て~」

と私を階段へ呼ぶのです。面倒臭いししつこいなぁと思いながら渋々起き上がり階段へ向かうと同時に人形は階段を下りきって私を見上げています。するまた来て来てと繰り返し、私は階段を下りました。すると人形はお風呂の方へ。脱衣所まで私を誘導した人形は

「ねぇ、洗って?」

と言いました。1歳児程度のサイズの人形がどうやったのか、廊下もお風呂場も電気がついていました。



眠さもあって私は少し苛立ち

「えぇー…今からぁ?ヤダー!明日ね、明日!」

とテキトーな約束をして布団に戻りました。


そこで本当に目が覚めたのです。そう、これまでは"目が覚めた夢"だったのです。そして現実に目が覚めたと自覚した瞬間に…


ドサッ!!!

((((;゚Д゚))))))) ⁉︎⁉︎⁉︎

頭の真横でした音に驚き反射的にそっちを見ると、箪笥の上に座らせていたあの赤ちゃん人形が落ちていたのです。頭の真横に落ちたこと自体もちろんビックリなんですが…普通ならバランスを崩し前のめりに落ちた場合お尻に重りが入ってないと顔は床についてるうつ伏せ状態ですよね。なのにこの子は座って覗き込む姿勢に近い状態で、更には振り向けばピッタリと目が合うような位置にあったのです。あまりの驚きに全力疾走した直後のようにかなり激しく心拍数が跳ね上がりました。


驚きすぎて目も反らせないくせに、ついつい

「なんで私に言うの⁉︎お姉ちゃんの人形なのに!とにかく明日!ビビらせんなし!」

と声にはならないものの心の中で怒ってしまいました。それでもやはり寝ぼけてたのか不思議と人形に対しての恐怖心はなく、かまってちゃんだな!って程度の認識でした。なので、人形がまた落ちても嫌だしそのまま箪笥に寄りかかるよう座らせて、ついでに階段の電気を消して寝ました。


翌朝、私は宣言通りに人形を洗ってあげました。


そして上記の体験を姉と母に話しながら気付いたのです。消したはずの階段の電気が現実でもついていてたことと、アコーディオンカーテンが全開だったことに。するとこれはもしや心霊体験⁉︎と思って遅ればせながらじんわりと恐怖心がw


こんな理不尽なことあるかよ!と姉に苦情を言ったのは言うまでもありませんw


偶然が重なっただけのことかもしれませんが、これが本当に心臓が止まるかと思った体験です。長くわかりづらいかもしれませんが、読んでくれた方、ありがとうございました。



投稿者:コニコル