怖くはないけど、お盆が来る度に思い出す不思議な話。

今から10年ぐらい前、長男が4才の時の夏。
俺達家族は例年のごとく俺の実家に帰省していた。
父は10年以上前に事故で亡くなっていて、実家には祖母(父の母)と母の二人。
長男も4才になり、おもちゃなどがあれば一人で遊ぶ事が出来るようになっていた。
実家は古い家屋で部屋数も多い。
長男は持参したおもちゃを持って空き部屋で遊んでいる。

しかし様子が変だ。誰かに話しかけるような言動や、突然笑い出す事を繰り返していた。
夕食の時に妻が「何して遊んでたの?」と聞くと、長男は「じいちゃんと遊んでた」と答える。
んん?っと思い、「じいちゃんって誰?」と聞き直すと、
長男は仏間へ行き、父の遺影を指さした。
俺も母も妻もポカーン。
祖母がニコニコしながら、「お盆だから○○(父)が帰ってきてるんだね」と言っていた。
翌日も一日中というわけではないが、長男が一人になるとまた誰かと遊んでいる。
それは部屋だったり庭だったり、何か話していたり格闘のまねごとしていたり。
俺達が近づくと長男は我に返ったように大人しくなる。
祖母以外は、不気味というより不思議な気分になっていた。

そんな事があって自宅へ戻るのを翌日に控えた四日目の夕食の時。
長男が突然母に向かってこう言った。
「長崎がよかったって」
俺と妻は???
母を見ると、みるみる表情が変わっていく。
そしてボロボロと大粒の涙を流し泣き始めた。
「じいちゃんがそう言ったの?」
母が尋ねると長男はコクリと頷き、テレビに視線を戻した。
母は30分近く泣き続け、意味の分からない俺達に事情を話し始めた。

父と母は大の旅行好きで、小さい頃は家族でよく旅行に出掛けた。
俺を始め子供達が大きくなって部活などで忙しくなっても、夫婦二人でよく旅行に行っていた。
質素な生活の中でそんなちょっとした旅行が両親の趣味だった。
父が亡くなる前の晩、母は父に何気なく尋ねたそうだ。
「今まで行った所でどこが一番楽しかった?」
父は「いろいろ行ったし、どこも楽しかったからなぁ」と明確に答えなかったらしい。
そして翌日の夕方、事故で亡くなった。
父はずっと保留していた返事を、初孫である長男に伝言を頼んだのだろうか。
母は「どうして私に直接言ってくれないんだろうねぇ」と泣き笑いだった。
祖母はニコニコしているだけだった。
しかし父が出てきたのはその時だけで、見たのは長男だけ。
後日、長男に父の事を聞いてもいまいち要領を得ないし、中学生となった今ではその時の事は全く覚えていない。
それから毎年お盆の期間には俺達夫婦を始め俺の弟達も帰省して、みんなで両親のアルバムを見るのが恒例となった。

長崎のどこが楽しかったのかと母に聞いた事がある。
母は「秘密」とニコニコして答えるだけだ。
新婚旅行で訪れた長崎でどんな思い出があったんだろうか。
今年もお盆が近づいてきた。


転載元:【心霊】怖い【オカルト】