帰省先で暇だったので、なんとなく近くの神社に行った時の事。
まあ、場所は変わってもやる事は変わらず、
いつものように小銭を賽銭箱に入れてお参りして、ガラガラ鈴?を鳴らしていると、
ちっちゃいおばあさんがトコトコと近づいてきた。
白っぽい和服に赤い帯、腰は90度近く曲がっていて、深い皺に覆われたカエルのような顔をしている。
なんだなんだと目で追っていると、私の直ぐ隣に並んで拝みはじめた。
おいおい、なんでわざわざ私の居る隣で始めるんだよ!
ウザイばあさんだなと思いつつも見ていると、
いきなりこちらをギロッと睨んで、「もうおしまいだね」と一言言うと、物凄い早足で去って行った。
なんで!?

実家でそのことを話すと、親に凄い剣幕で怒られた・・・
「お前、運盗られたよ!!」
なんでも、お参りは『参る』に通じて、全ての面で無防備になるらしい。
で、そこを狙って他人の運を吸いとる輩がいるらしい。
なので、『お参り』は余程の事がなければしないほうがいいものなのだそうだ・・・
でもそんな話聞いた事無いし、つっこみどころ満載だったがどうせ田舎の迷信だろうと、
「ああ、そう、これから気をつけるよ」と適当に返事しての帰り際、父親が倒れた・・・
すぐ救急車に乗せて病院に連れていったら、「肝臓ガンで長くても後3ヶ月」と診断された。




転載元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?137