これは僕の姉が今の旦那と同棲中に体験した話です。

姉は何年か前に、京都の市内にあるマンションに旦那さんと住んで居ました。
当時旦那さんは朝早い仕事をしており、毎朝5時には家を出ていました。
姉はいつものように慌ただしく旦那に弁当を作り、朝飯を食べさせ旦那を送り出しました。
姉自身も朝から仕事があるので、出勤時間の八時まで仮眠を取るのが日課だったそうです。

テレビを着けたまま、鼻の辺りまで布団を被りウトウトしていると、視界に左右に揺れる何かが目に入ったそうです。
普段から霊感があった姉は、直感的に『ヤバイ』と感じたそうです。
その嫌な予感を感じた瞬間、金縛りに遭ってしまったそうです。
『きよったか…』
姉は心の中で呟きました。

恐怖というよりも、めんどくさい感情が先に立った姉は、
『さっさと正体を見せて帰れ』という気持ちで、少し恐怖心もありましたが、その左右に揺れる何かを見たそうです。
姉が見たそれは、短パンに、白いランニング、坊主頭で肌は土色(紫がかったと強調していました)の12、3歳の少年が、
正座でテレビを首を左右に揺らしながら不思議そうに見ていました。
第2次世界対戦の時に資料で良く見るような子だったそうです。

普段は霊感があった姉でも、カーテンの隙間の日光に照らされた霊を見るのは初めてだったらしく、
カタカタ震えながらソレが消えるのを待っていたそうです。
『消えてや。お願い』
そう心で念じた瞬間、その少年が左右に揺らしていた首を姉の方に向け、
ゆっくり正座しながらズリズリと姉の布団に近付いてきました。
『ちょっと…勘弁して』と思った姉は目を瞑ろうとしましたが、何故か目が瞑れ無かったそうです。
ついにその少年は姉が寝ている布団の横まで来て、掛け布団を引っ張って来ました。

姉は心の中で何度もお経を唱えたそうですが、掛け布団を引っ張る手は止まらず、
ついには、「なぁなぁ、なぁなぁ」と少年は喋り掛けて来ました。
『うるさい。黙れや』と声に出そうとしましたが、喉がカラカラになり声が出ません。
「なぁなぁ、なあって」
少年の声は段々と強さを増し、部屋の中に響き渡る程になり、姉は何とか目を瞑りカタカタ震えて居ました。
目を瞑ってしまうと、更に少年の声がでかくなり、耳の横にスピーカーでもあるのではないかと思う程大きな声に。
『早く帰ってくれ!アタシには何も出来ひんから!!他に当たってくれ』
姉がそう心で叫んだ瞬間、急に少年の声は止みました。
『やっと、帰ってくれた』

そう心を撫でおろし、姉は目を開けた瞬間、見てしまいました。
自分の体の横に添い寝するような形で、少年が寝そべって居ました。
不思議な事に姉はこの時、恐怖というより少年に対する怒りが先だってしまい、
『なんやコラ!!何が言いたいねん!!ワレ』と、事もあろうに幽霊に怒鳴ってしまったそうです。
すると、「あれ何なん?」と、テレビの方に向かって少年が指を指したそうです。
姉がテレビの方に目をやると、
全身緑の前歯が出た珍獣と、
全身を赤い毛で覆われ、目が飛び出た怪獣のような生き物が目に入ったそうです。
姉が少年の方をもう一度振り向くと、もう少年は消えていたそうです。

姉は笑いながら話してくれました。
今でも、全身緑の前歯が出た珍獣と、全身を赤い毛で覆われた目が飛び出た生物をテレビで見掛けると、
恐ろしくなりチャンネルを変えてしまいます。


転載元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?142