私のいた高校では、五時のサイレンがなると共に、用務員の人が急いで校門を閉める習慣がありました。
まだ下校のチャイムすらなってないのに正門を閉めるんです。
生徒は裏口の狭い通用路のほうからいつも帰らなきゃいけなくてとても不便でした。
どうしてこんなことしてるのか先生に聞いてみても答えはでず、(学校の決まりとか言ってました)
部活の先輩に聞いてみたところ、言い伝えっていうか、噂みたいなものを聞けました。

それは、この学校にはむかし自殺した生徒がいて、自殺した場所は自分の家だったんだけど、
いじめにあってたらしく、先生にもまともな対処をしてもらえなかったそうです。
それで、命日になるとその生徒が坂をあがって校門の前まで来るそうで、
中に入られたら復讐されるってことになって、今では校門を閉めるようになったそうです。
僕らはいつも裏口から下校する世代だったので見てませんが、
その生徒は女生徒で、乱れた長髪に凄い眼をして坂を上って来るそうです。

いかにも噂って感じだったけど、
毎日校門が閉められてる事実と、返事につまる先生達が変だったので、リアリティーがありました。
裏口でばったり会ったって生徒もいたから、
その辺を五時のサイレンと共にうろついてるのかなあと考えたら、けっこう怖かったです。


転載元:学校であった怖い話