アパートに住んでいて、
母ちゃんに頼まれて、何かの広告だか回覧板だかを他の部屋に渡しに行った。
さっさとドアのポストにそれ入れて、自分の部屋に帰っていったんだが、
ドアを開けてみると、そこは明らかに我が家ではない部屋だった。
しかし部屋の番号を確かめてみると、やっぱり自分の部屋。
でも少し心配だったんで、念のため「こんばんはー」と言ってみたら、
見知らぬボサボサ頭のおっさんが、当たり前のように「はーい」と出てきた。

ビビッて「間違えましたー」てドア閉めたんけど、改めて番号確かめてみたらやはり間違いなく自分の部屋。
書いてある苗字も自分の苗字。隣の部屋も自分の部屋のお隣さんと同じ。
「あれぇ?」と思って再びそっとドアを開けてみたら、我が家の風景に戻ってた。ボサボサ頭のおっさんも居なかった。
あれが18年生きてて唯一の不思議体験だな。