うちのヒイバアチャンは、生前は東北のド田舎に住んでて、亡くなる数年前から歩けなくなって寝たきりだったけど、
田舎の人が俗に言う『歩く(=魂だけが体から離れて外を出歩く)』人だったそうです。
村の中には、寝たきりだったはずのヒイバアチャンと道ばたで出会ったと言う方が何人もいて、
ヒイバアチャンが『歩く』のは村ではかなり有名だった。
出合った人の話では、幽霊みたく透き通っていたりはしてなくて、まったく生きてる人物と変わらないそうです。 

お盆やお正月に祖父母の家に遊びに行った折に、近隣の方がお茶のみに来たりして、
上記のヒイバアチャン話をするのを何度か聞きました。 
自分もその血をひいているのだから、いつか幽体離脱ガできるようになれるかも知れないと、ひそかに期待してたりします。