大分昔の話。

友達のかあちゃんが運転中に前の車にぶつけてしまった。 
保険屋を通しての賠償は勿論、直接相手の元へ出向いたりと誠心誠意謝罪をした。 
だが、このぶつけてしまった相手ってのがねちっこいやつで、
更に金を要求して来たり、自宅まで来て大声で怒鳴りたてたりを毎日のように繰り返して来た。 
友達のカーチャンは参ってしまってノイローゼ状態。
飯も喉を通らないし、チャイムの音に逐一脅える程にまでなってしまった。 
いよいよ困り果てた友達のカーチャンは、昔から何かと世話になっていたお寺の住職にこの事を相談した。 
カーチャンの話を聞いた住職は、しばらく黙り込んだ後にこう言った。
「相手がどうなっても良いですか?」 
追い詰められていたカーチャンは、藁にでもすがりつく思いで返答し、帰宅した。 

それから数日、毎日のようにいちゃもんを付けに来ていた男はぱったりと来なくなった。 

カーチャンは相談をしていた住職の所へ現状報告に出向いた。 
住職はにっこりと笑って「良かったですね」と言った。 
それから、どれだけたっても男が家に来る事は全くなかった。 
カーチャンの体調もすっかり良くなって本来の生活に戻っていた。 

やがて、男の事なんてすっかり忘れていた頃に、親戚でもあり事故の時に世話になった保険屋から、こんな電話がきた。
「あの男、死んだらしいよ」
死んだ時期を計算したら、カーチャンが住職に相談をしにいった直後だったという。 
この寺は未だにある。


転載元:暇だから、お前らの恐怖体験聞かせれ