従妹が19歳という若さで交通事故で亡くなりました。 

半年位経った頃、夢を見ました。 
従妹の家に沢山の人が訪れ、皆それぞれ食事をしながら談笑しています。 
わたしの隣には従妹が座り、ずっとおしゃべりをしていましたが、
その場に居る誰もが従妹は死んでいる人と分かっている、といった内容でした。 

そろそろ宴もお開きといった頃、従妹がすっと立ち上がり、「わたしもう帰るね」と言いました。
帰るって言ってもここは従妹の家なのにと、悲しくなりました。
従妹のお母さんも行かないでとは言えずに、涙をこらえて「行ってらっしゃい」と言っていました。 
全員が泣きそうになりながら玄関で見送りをしようとすると、従妹が突然「わたしの靴がないの。どこ?」と言いました。 
慌てておばさんが探し出した靴は、泥のような茶色のシミで汚れていました。 
靴を履くと従妹は悲しそうな顔で振り向き、「ねえ、わたしどこへ帰ればいいの?」と言いました。 
おばさんは泣きながら空を指差して「あっちだよ」と言いました。 

朝起きてこの話を母にしました。
母が従妹のお母さんにそれを伝えると、
「実は事故の後どんなに探しても靴が片方見つからなかった。 
 Uちゃんの夢の中でも履かせてあげられて良かった」
と言っていたそうです。


転載元:日常生活で体験した不思議なこと