結婚してすぐ夫の転勤で北海道へ引っ越した。
知り合いもなく、気持ちが沈んだ状態でいたある日、
なんとなく友達の言ってた話を思い出して反芻しながら道を歩いてた。
その話とは、
「この世の中には神様が7人いて、人間のふりして普通に生活してるんだって」
っていうヘンな話。
ホントにいるのかな~、いるわけないよな~などと思いつつ歩いていると、
前方から小学校低学年くらいの女の子が歩いてきて、いきなり「ただいま~」って大きな声で挨拶してきた。
もちろん全然知らない子なのだけど、あまりに元気に挨拶されたし、誰かに明るく声をかけられるのも久しぶりだったから、
「おかえりなさい」って返事をした。
そしたら、その子がニコニコ笑いながらじっと顔を見つめてきたので、
「何?」って言ったら、「私、そうだよ!」って言ってきた。
「何が?」って聞き返したら、「私、そうなの。じゃあね~!」って走っていってしまった。
何のことだろうと思ってしばらく考えた後、ハッとした。
もしかしてあの子神様だったのかな~今度会ったら聞いてみよう!と本気で思った。

ホントに神様だったのか、何だったのか分からないけど、
ここの生活もまんざらでもないなって思いはじめるきっかけになった。
4年後にまた転勤で東京に引っ越す頃には、住んでた街のことが名残惜しく感じるほどになっていたけど、
あの子にはそれ以来一度も会えなかった。


 転載元:日常生活で体験した不思議なこと