学生の時の話なんだけど、
授業後にサークル仲間4人とクラブハウスでダベってたんだが、夏だったせいかいつの間にか怪談の流れになってた。
ただどれもこれもTVやら伊集院やらの稲川やらの持ちネタばっかで、
お互い「それ聞いたことあるわ」の連発でスッゲーつまらない。
で、いわゆる文科系サークルだったんで、
「じゃ、いっそ自分で最強に怖い話作って、それを学内に広げようぜ」って話に自然となった。
1時間くらいそれぞれ考える時間貰って1人ずつ発表。
クラブハウスは戦後すぐに出来ためっちゃボロい建物で、時間は20時回ってムードはたっぷり。
だけど俺はあんまいいのが思い付かなくて悩みまくってた。元々考えるの苦手なたちだったしな。
でもクラブハウスの窓から見える外階段眺めてたらふと、
幽霊に名前つけてそれでインパクト出そうっていう考えが浮かんだんだわ。
まあ多分、世にも奇妙な物語のマリオの話が記憶にあったからなんだろうけども、
一般的ではないけどあり得る名前って想像した途端、スルッと『ソマコ』って名前が浮かんだ。
あとはそこからなぜかスルスルと話が出来てって、
クラブハウスの階段に踞ってる看護婦の霊の怪談が頭のなかに出来上がってた。

んで1時間後、じゃんけん負けた俺が話す一人目になっちゃったんだが、
「このクラブハウスには幽霊が出るんだよ、名前がソマコって言って」って話始めた瞬間、
メンツのうち2人がギャーって叫んだ。
冒頭でいきなりなんなんだよって、聞きつつも俺もなんか嫌な予感してたんだ。
…叫んだ二人が作った話の幽霊の名前も『ソマコ』だったんだわ。
お互いドラマやマンガで聞いたことないし、
その場でふと思い付いた名前が何で3人も一致するんだよ!?ってパニックになっちゃって、
そいつらがどんな怪談作ってたのかは覚えてないが、
悲鳴あげながらクラブハウスから逃げ帰ったのは覚えてるよ。


転載元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?335