じいちゃんから聞いた話。 

真夏の夕方、お使いの帰り道、お寺の片隅に人だかりができているのを見つけた。 
気になったじいちゃんは、人だかりができている場所に行った。 
人だかりが邪魔でなにが起こっているのかわからないが、パァーンと乾いた音が何度も聞こえる。
 
じいちゃんはますます気になり、人だかりをかき分けて一番前に行った。 
横倒しになった灯篭があった。
その灯篭の上に、大きな火の玉がユラユラ揺れていた。 
火の玉はユラユラ揺れながら、灯篭の先まで来ると一気に急降下した。 
火の玉が灯篭の先にぶつかると、パァーンと乾いた音がした。
そして、またユラユラと舞い上がっていく。 
大きな火の玉は何度も同じ調子で灯篭の先にぶつかっていた。
灯篭の先にはすでに大きなヒビができている。 
和尚さんは困った顔をしたまま立っていた。野次馬も檀家さんもオロオロするばかり。 
じいちゃんは隣にいた野次馬のおじさんに尋ねた。 
「あの火の玉、どうしたの?」 
「うーん、火の玉の考えることなんてわからんよ」 
野次馬のおじさんは溜め息交じりに答えた。 

じいちゃんはお使いのことがあったので、早々にその場を退散したので最後どうなったかはわからない。 
ただ今でも、そのお寺には大きなヒビの入った灯篭が一基、立っている。