去年の年末、俺がインフルエンザでくたばってた時の話。 

42度という人生最高の体温で、意識もあるのかないのかわからない状態で俺は寝てたんだが、
尿意に襲われてふらふらと立ち上がった。
扉を開けたんだか開けてないんだかもわからないくらいふらふらで廊下を歩いていたんだが、
トイレまですさまじく距離がある。天井もすごく高い

あぁ、これが不思議の国のアリス症候群か、とトイレに向かって歩いていた。

トイレまであと少しというところで、何かが右横にストンと降りてきた。落ちてきたとかではなく着地した。 
見たら家で飼ってるネコだった。ちがうとしたら大きさだ。大きすぎる。ステップワゴンくらいある。 
そんなネコが、俺の匂いをクンクン嗅いで変な声で鳴いている。
俺はいくらなんでもおかしい、寝てたほうがいい、もしもらしたら謝ろう。とゆっくり後ずさりをし始めた。
 
ネコはじっとこっちを見ている。
俺はじっとしててくれと思いつつ後ずさりをしていたら、
ネコの後ろから大きな影が現れた。高さは二階建ての家くらいはある。 
巨人?と思ったが、顔には見覚えがある。うちの4歳の娘だった。
不思議そうな顔で俺をみてる。
 
娘がネコと一緒に近づいてきた。
いつも俺を見る顔じゃなく、なにか不思議なものを見るような目でこっちに来る。 
捕まったらヤバい!俺はふらふらの体で自分の部屋まで走った。
部屋が遠い。数メートルがすごく遠い。
後ろからは娘の気配がする。 
なんとか部屋に着いた。
布団もでかい。なんとか潜り込んで真っ暗な中でジッとしてた。 

しばらくするとフッと意識が遠のき、うとうとした感覚の中で、足のあたりがムズムズする感覚で我に返った。 
熱も少し下がった感じだったのでスッと上半身を起こすと、足のあたりの布団がもぞもぞしている。
めくったら娘がなにかを探していた。 
「なにしてるの?うつるからあっちいきな?」と言うと、
娘が「ちいさいのがいたの、毛がいっぱい!それがね、パパの足のところにもぐってった」と少し興奮しながら言ってきた。

周りを見ると大きさの感覚も元に戻っていた。
俺はゆっくりトイレに歩いた。
廊下の途中に俺が首に巻いてた保冷剤を包んだタオルが落ちていて、ネコがそれの匂いを嗅いでいた。 
とりあえずトイレまで行こうとしてたのは本当だったんだなぁと思いながら、また俺は布団にもどった。


転載元:ほんのりと怖い話スレ その117