こんにちは。

前回青い鬼を投稿した者です。

今回は少し前の職場でのことを投稿したいと思います。

少し前に転職を考え、繊維系の職場で働きだした時のことです。

入社が私よりも1週間ほど早いA(女、40代)と、新人ということもあり同じような立場であるため、自然と話することが多く、お互いがんばっていこうと、少し仲良くなりました。

そんな時、Aが私に実は、、、と教えてくれたのが、自分には結構強い霊感があり前の職場も霊的なモノが多くて、取り憑かれてしまったというものでした。

Aは自分でもお祓いができるほど力が強いと言っていました。

小さい時から不思議な体験をよくしていて、大抵の霊現象は慣れてしまったというくらい。

そんなAですが前の職場は特に辛かったと話してくれました。

なんでもその職場はその地域では何社かある企業ですが、社長の親族や関係者が自殺してしまっていたりという、曰くが噂になって広まり、地元でもちょっと有名な企業でした。

特に霊感がある人は、行かないほうがいいと言われるほどに。

そんなところに入社してしまったA。面接の時はそんな噂も知らなかったそうです。

働き始めて数日、実際に働き始め、だんだんと違和感を感じ始め、自分の作業場で作業していて背後からの視線に気がつき、それがだんだんと強くなってくるのを感じていました。

その度にAは心の中で、
「近づいてこないで!あっちへ行って!」と強く念じていたそうです。今まではそれで対処できたそうです。

ですが休憩でトイレに入った時に、トイレのドアの少し空いた下の隙間から、男の人の足が見えドアの前を自分を探しているのか、ドアの前で待っているのか、ウロウロしているのを見たそうですが、生きてる人間ではないのがすぐわかり、魚が腐ったような嫌な臭いがドア越しにして、
(早くどっかへ行って!)
と心の中で思い、ドアを開ける時もいつもいつか見てしまうんではないかと、思っていたそうです。

普段はあまり関わらないように見えないふりや、話しかけられても無視をするらしいのですが、職場はしかも作業場に行かないわけには行かずなんとかやり過ごしていたそうです。

行くたびに少しずつ視線が近づいてくる(強くなる?)感覚があり、仕事にも集中しにくくなってミスが増えてきてしまったり。

無視し続けるのも精神的にもキツくなってきた時、とうとう視線の主が見えしまいました。中年の男性でした。

絶対にそちらに目は向けず、無視をしていたそうですが、作業している時に話しかけてきたそうです。

「なんで見えないフリをする?」的なことを一方的に言っていたそうで、それでも心の中では(あっちへ行って!)と思いながら無視をして。

とうとう夢の中にまで出てくるようになり、何をするにも集中できず自分ではどうすることも出来なくなっていました。

それを見かねた友人Bが、相談に乗ってくれ、少し遠いがよくしてくれる人を知っていると紹介してくれました。

Bはその人のことを先生と呼んでいて、次の休みに会わせてくれる約束をしました。

教えてもらった場所は普通の民家で、先生はわかるように家の前に出てきてくれていました。実際に会った先生は優しい普通のおばさんに見えました。

行くと自己紹介もそこそこに、すぐに家に上げてくれ、Aの疲れ切った顔を見て
「大変だったでしょう」と声をかけてくれたそうです。

話していくうちに先生はAはもう既にその男性に取り憑かれてしまっていること、それにAには他にあと2体の霊体が取り付いてしまっていること。

それを取り除くには少し時間がかかる。と言われたこと。

それと、今の職場はもう行かないほうがいいということも言われたそうです。

実際にAは取り憑かれている時は自分の身体が乗っ取られていることはわかっているが、どうしようもできない。意思だけは何とかあり、ただそれだけでクタクタだったそうです。

その先生のおかげで何とか普通に戻ったA、先生には感謝しっぱなしだそうです。

ですが、新しい職場で私と同じ作業場で仕事をしていたわけですが、私自身も、作業中に耳鳴りがある時があり、ひどくは無いですが、(何だろう?)と思う時があり、Aに話したことがありました。

するとAは「それっていつ?」と。

この新しい職場でも、話しかけてくる霊体がいるそうで、ちょうどそのタイミングが私の耳鳴りの時と同じじゃないか?という事を言ってきた時は私自身もゾッとしました。
A曰く私自身にも少し霊感がないか?ということを言われましたが、今までそんな経験もないし、自分ではゼロ感だと思うので、(そもそもビビリなので)全否定したいですが。

それからいろいろありAはすぐに会社を辞めてしまいました。

やめた理由はわかりませんが、知りたいとも思いませんでした。

自分の中では結構怖い体験で、A自体にゾッとしました。


投稿者:ぬこ