こんにちは。

前回掴む手を投稿させてもらいました。

今回も知人のA(20代、女)のお話です。

Aが女友達のB、男友達のC、Dと一台の車に乗り遊びに出かけました。

夕飯をファミレスで食べながら、Cがこの近くの心霊スポットの話を始めました。

もう30年ほど前、場所は山の中にあるトンネルでちょうど隣町との境にありました。
作られたのは随分前のこと、
とても狭いトンネルで上り下り1車線づつで車幅もギリギリの狭さでした。

そんなトンネルで事故がありました。スクーターと車の事故で、すれ違いざま接触してしまい、スクーターの方はその衝撃で車に巻き込まれ、そのままひかれてしまいました。
病院に運ばれましたが助からなかったそうです。

それから少しして、またそのトンネルで事件が起きました。
トンネルの入り口に向かって歩いていた女性が、ひき逃げされたそうです。

それ以降、ここのトンネルは何かあるんじゃないか?と皆が噂し始め、それに伴い夜になるとトンネルの中で女の人を見るとか、トンネルの外では男か女かわからないが人影が見えるなど。
そういった目撃談が相次ぎました。
(集団妄想とか思い込みもある気はしますが。)

今現在はもう使われなくなっていますが、通行可能だった時に私も実際通ったことがありますが、確かに相当車幅が狭く、軽四を運転していましたが昼間でもトンネル内のライトは古いものなのでトンネル内は薄暗く対向車が来るとすれ違いがギリギリでした。普通に事故が起きそうな場所だな。と思いました。

そんなところに興味本位でやってきてしまったA達4人。
Cが運転して助手席にはD、後ろの座席には、女子のAとBがそれぞれ乗っていました。

前にも言いましたがAは少し霊感があり、そのトンネル近くになると嫌な雰囲気を感じ始めていました。

実際入ってみると古くて薄暗いトンネルでした。
速度を落としてゆっくり出口に向かいました。

C「結局何にもなかったな。」
D「本当、薄暗いってだけで特になんもないね。」
トンネルから出てそう話してるC、DにAは「早くここから離れて」とだけ言いました。

近くのコンビニで車を止めC、Dが、後ろのAを見ると真っ青な顔をしたAをBが心配そうにしています。

C「もしかして、なんか居た?」

Aはあんな狭いトンネルでパニクったら事故を起こしてしまうと思い、あえて何も言わなかったそうです。

トンネルの入り口が見え始めたとき、そこでまずAが見たのは、青白い足だけが自分たちの車の前をゆっくり横切って行くのが見えたそうです。
もちろん見えたのはAだけ。
それを言うと、皆の恐怖を煽る事になるかもしれないから黙っていたそうです。

そしてそのままそのトンネルに入って行ったそうです。
対向車はなく夜という事もあり、車のライト以外の光はほとんどない状態、奥に進むにつれて真っ暗になっていきました、この時Aは助手席側の前方付近に人影があるのがわかりました。
動かずにじっとしています。ほぼ暗い中に1人だけで居るだけでも不自然。嫌な雰囲気もあり絶対おかしいと思ったそうです。

その人影はすれ違いざま長い髪の間から目を見開いた白い顔の女の人で助手席側から車内を覗いていたそうです。
Aは目を合わせないように下を向きました。
隣ではBがAの異変に気付き心配そうにしています。

ゆっくりの車の速度に合わせてその女の人がついてきていたのが目の端に見えたそうです。

トンネルを抜けるとついてこなくなったようですが、その場からすぐに離れたかったAはCにここから離れるように言いました。

少し落ち着いたAは他の3人にこの話をしました。

そして最後に
「多分あの人はひき逃げされた女の人だと思う。」と。
車内を見回しながら低い声で「違う、、」って言ってたからって。

他の3人の顔が強張っていたそうです。

その後4人には何もなかったそうですが、遊び半分でそういうところに行くのはやめたそうです。

結構長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。


投稿者:ぬこ