私の母の通っていた中学校の近くには、『首狩地蔵』とも呼ばれるお地蔵様が あるそうです。
そのお地蔵様は藪の奥まった所にあって、近づくと祟りが あると言われているそうです。 
実際、お地蔵様の周りを掃除してあげるために近づいた人たちが、何人か近づいた途端に亡くなった為、

祖母がまだ若かった頃に近所のお寺の お坊さんが、供養しようと自分のお寺の境内にお地蔵様を運んだ そうなんですが、
そのお坊さんもすぐに熱病で亡くなってしまい、以来お地蔵様は元の場所に戻され誰も近づかなくなったそうです。 
今では誰も近づかないため、お地蔵様のある藪は荒れ放題、どこにあるかは母も正確には知らないといってました。 
もちろん祖母の世代はどこにあるかは知っているとの事ですが、私は怖くて場所を聞くことさえ出来ません。 

そのお地蔵様が何故『首狩地蔵』と呼ばれているかというと、
お地蔵様の首から上は、何故か刀で切られたかのように無くなっているそうなんです。 
袈裟懸けで切られたかのようなので、『袈裟懸け地蔵』とも呼ばれていると… 
そのことが祟りに何か関係あるのかもしれません。

私の母の実家は静岡県西部の農家の多い田舎にあります… 
問題のお地蔵様は桜並木の近くの藪の中にあるそうです。 
静岡県西部をお訪ねの方は、桜並木の近くの藪にはむやみに入らないほうがいいかもしれません。 
…首の無いお地蔵様を発見してしまったら、あなたの身にも何か起こるかもしれませんから。