ガキの頃の体験談をひとつ書いてみる。
幼稚園くらいの話だけど、今も鮮明に覚えてる。

祖父の家が結構近くて頻繁に家族で通ってたんだけど、
祖父の家は関東で、田舎でもなければ都会でもない中途半端な所だったから、
特に娯楽がなく、退屈だからいつも外に遊びに出てた。

その日も退屈して外に行こうと思って、玄関のドアを開けたら何故か夜。
びっくりして、玄関の前にある鉄柵(祖父の家はマンション)から乗り出してみたら、ぜんっぜん風景が違う。
配管がたくさん通ってて、工場みたいな場所。いろいろと機械の凄い音がしてたから、稼動してたのかな? 

怖くなって、祖父の家に戻ろうと思って振り向いたら、
玄関のドアが何百年も使ってないみたいに錆びてて、ノブも回らない。
焦って半泣きでドアを蹴る殴るしてもビクともしなくて、座り込んでわんわん泣いてたら、
突然ノブが回ってドアが開いた。
したら中からばあちゃんが出てきて、ばあちゃんも泣きながら俺を抱きしめてきた。
玄関先でわんわんやってたら、両親と祖父と親戚の叔父と叔母と警察が戻ってきた。
どうやら昼過ぎに出てったっきり戻ってこなかったらしく、警察に連絡して親戚一同で探し回ってたという話。
ちなみに、俺が戻ってきたのは夜中の1時。

全力で説明するも勿論誰も信じてくれず、カーチャンに死ぬほど怒られてまた泣いた。
未だに謎の事件。
正月に親戚集まって昔話すると必ずこの話をされるが、俺にもわかんない。 


転載元:時空の歪み