怖い話のまとめ - オカ学.com

怖い話の投稿型のまとめサイト。怖い話を厳選し短編、中編、長編と長さごとやカテゴリーごとに分類ししました。意味がわかると怖い話、都市伝説、不思議な話、怪談、ホラーなどここでしか読めない話も多数

投稿怖い話⑪

スポンサードリンク

水色のワンピースの女

私と、私が勤めている会社の同僚2人による雑談から始まります。

『Sさんに最近彼女出来たって話、あれマジみたいやな~!』

『あーあれな! 俺この前の夜、社員寮のSさんの部屋へ女の人が入って行くとこ見たぞ!…髪長くて水色のワンピース着てたわ。後ろ姿だけだったけどな。』

『マジか? Sさんて頭の中はバイクの事しか無いって思ってたけど、ちゃんとやることやってるんだな。意外!』
続きを読む

一枚の写真

僕は昔から【怖い話・不思議な話】が大好きで、最近は特にハマっています。
ただ【心霊写真・心霊動画】は苦手で、見るとその夜は恐怖の余り寝れなくなってしまいます。

そんな私が20年以上前、大学時代にバイト先で知り合った、別の大学に通う女の子と仲良くなり、出会って2ヶ月後に、恋人同士になりまし
続きを読む

ライダー

昔、僕が高校生の頃、同級生の友達(M)が体験した話をする。

当時僕達はJRで隣町の高校に通学しており、学校帰りに時々5~6人の仲間と制服のまま、溜まり場の同級生(T)の家で夜8時頃まで遊んでから帰宅していた。

その日も(T)の家で遊んで、8時頃に解散して、各自自宅へ帰った。

続きを読む

屋上 訂正版

こんにちは。

前に会社の同期を書いたものです。

今回は一度投稿させてもらった屋上を訂正して投稿させてもらおうと思います。
内容的には前のものと変わりませんが、補足を本文に入れさせてもらいます。


今回はお札の家、ドライブで出てきたAのお姉さん、A姉のお話です。
続きを読む

閉店作業

こんにちは。

前に屋上を投稿させてもらいました。

今回は、友人Aさん(20代、女)が体験したお話です。

Aさんは主婦ですが、旦那さんの給料で自分の使うお金や携帯代を出してもらうのが申し訳なかったらしく、パートをしていました。
続きを読む

掛け軸


レッカーの仕事、スーパーエースの話最終回です。

ツイッターの方では報告させていただきましたが、仕事の関係で投稿が厳しい状況になりました。またそのうち投稿できたらと思っていますが、とりあえず一区切り。

この話は、佐藤君が17歳の夏のこと。
バイトに精を出す佐藤君を尻目に、同級生達は高校の夏休み真っ只中。
続きを読む

男の子


25年も昔の話。私の自宅から300㍍ほど離れた場所(国道沿い)で起きた不思議な出来事です。

当時私は高校2年生で夏休み中という事もあり、3年生の先輩3人と一緒に夜中の1時過ぎまで私の家(部屋)で、覚え立ての麻雀を楽しんでいました。

しばらくすると先輩が『喉が渇いたのでジュースを買いに行こう!』と。…そんな訳で4人で国道沿いにある自販機へと向かいました。

続きを読む

職場の同期


こんにちは。

前回青い鬼を投稿した者です。

今回は少し前の職場でのことを投稿したいと思います。

少し前に転職を考え、繊維系の職場で働きだした時のことです。

入社が私よりも1週間ほど早いA(女、40代)と、新人ということもあり同じような立場であるため、自然と話することが多く、お互いがんばっていこうと、少し仲良くなりました。
続きを読む

邪魔だ

俺が専門学校を卒業して初めて働いた会社は社員数は30人程度で300坪程度の敷地に3階建ての小さな会社。
しかし、その頃はバブルが弾けたかどうかって時期で仕事は忙しく終るのは夜中の2時、3時、時には徹夜が当たり前だった。

しかし、社員みんながそんな残業をしていたかと言うとそうではない。
続きを読む

青い鬼


こんにちは。

前にドライブを投稿した者です。

今回は知人のAではなく自分が4、5歳くらいの時の曖昧な記憶ですが、思い出したので投稿してみようと思います。

季節は節分。
4歳か5歳当時、保育園に通っていたのですがこういった季節のイベントの時は保育士の先生と一緒に自分用の鬼のお面を作ります。
続きを読む

アパートの住人

今から16年程前、バツイチで2人の子供を持つ女性と同棲する事になり地元の築15年の小さな2DKのアパートを借りた時の話です。

入居して1週間ぐらい経ったある日の夜、4人で川の字状態で寝ていると、上の方からミシミシという音とドンドンドンドンと素手でドアを叩くような音がしてきました。
続きを読む

ドライブ

こんにちは。

前にお札の家を投稿した者です。

今回も知人のAの話を投稿したいと思います。

それはAが友達(B、男)と夜のドライブに行った時の事、街の明かりが見渡せその向こうには海も見える夜景の綺麗な小高い丘にBと行ったそうです。
続きを読む

O県のお札の家

初めての投稿になります。

これは、私の知人が実際に体験した話です。あんまり強くないと思います。

その友人は仮にA(男)します。
Aが友達数人とO県の有名な山にある、お札の家に肝試しに行ったそうです。


続きを読む

怪奇現象に悩まされた話

皆さんこんにちは。オカメの投稿をした者です。
今回は「廃神社でお尻を触られた話」の続きで、霊感皆無な私が霊的なものをしっかり感じ(させられられ)た体験です。

廃神社で掃除やお礼を済ませ、見えない手にお尻まで触られてきた私は疲れ切っていました。先輩の家に寄る予定をパスしてアパートへ帰ると、掃除で汚れた服を全て洗濯にかけてからお風呂に入ります。それでも1人になると心細くて(やっぱり先輩に付いていけば良かったな)なんて後悔しながら風呂を上がると「カラカラカラ」と洗濯機の中から聞き慣れない音がしている事に気が付きます。
続きを読む

霊感少女だった私と不思議な塾の先生


 昔の私はいわゆる「見える子供」だった。赤ん坊の頃から、何もいない空間に向かって話しかけ、見えない何者かに怯える子供だった。
 今でこそ、両親や昔からの知り合いとの間では、私のそういう行動は幼児期にありがちな空想のお友達とのやりとりだったということになっている。
 当時の記憶は、おぼろげながら残っていて、私には、他の人に見えない人や動物が見えていた。それらは、やや灰色っぽいことを除けば、生きている人と変わらないほどはっきりと見えた。

続きを読む

廃神社でお尻を触られた話

お久しぶりです、オカメインコ先生の投稿をした者です。
プライベートが忙しく中々顔を出せずにいました、遅くなってすいません。今回は「オカメインコ先生の話」の続きとなります。


私は夏休みを利用して地元に帰省していました。o祖母に言われた通り廃神社の神様にお礼をするためです。帰る実家はない上にホテル代が勿体無いので日帰りですが、隣には駄々をこねて強引について来たo先輩(笑)もいて「絶対この目で神様見てやるぞ!」と意気込んでいました。
薄暗い住宅地に入り複雑に入り組んだ道を進んだ奥、地元の人すら知らないであろう廃神社の寂れた鳥居が見えてきます。途中で住んでいた家の横を通過しましたが、家より鳥居を見た時の方が(帰ってきた)という実感が大きかったです。
続きを読む

平行世界


誰も信じちゃくれないだろう。
そんなことは重々承知の上で、俺は今これを書いてるんだ。
これを読んでるお前らが、いつも俺がいる世界の人間かどうかはわからない。
いや恐らく、違うんだろう?
お前らの姿も今まで遭遇した奴らと同様、頭から硫酸でもかけられたかのようにドロドロに溶け、今にも爛れ落ちそうな皮膚からビュッビュッと音を立てて噴き出す膿汁を、端末やデスクトップの画面に撒き散らしながら、これを読んでいるに違いないんだ。
続きを読む

影ボウズ


俺の地元にある小さな港の話(広島)。

そこは、短い防波堤が1つあるだけの小さな港である。
わざわざ遠くから釣りに来るような人はいない、有名ではない釣り場だ。

そんな、地元の人間しか訪れないような釣り場であるが、実はアナゴが沢山釣れる。
俺はアナゴやウナギが大好物で、幼い頃からその港へ行っては魚を釣っていた。
続きを読む

不思議な体験? 夢?

ベ予め言っておきますが、怖いというよりは不思議な体験の話です。
同じ体験をされた方がいないかと思い、投稿しました。
(※2ちゃんねるのホラーカテのコメ欄にも似たお話がありますが、それも私の書き込みです。)
続きを読む

事故物件


レッカーの仕事、スーパーエースの話37です。

今回はフトン屋さん時代後期の話。

冬だったそうです。ある日、先輩のAさんがぶしつけな質問をしてきました。
「確実に幽霊の出る部屋知らないか?」
この人は何を言ってんだろうか?と思ったんですが、理由を聞くと納得。

続きを読む

スポンサードリンク
ソーシャルボタン
記事検索