怖い話のまとめ - オカ学.com

怖い話の投稿型のまとめサイト。怖い話を厳選し短編、中編、長編と長さごとやカテゴリーごとに分類ししました。意味がわかると怖い話、都市伝説、不思議な話、怪談、ホラーなどここでしか読めない話も多数

ほんのり怖い話①

スポンサードリンク

南無妙法連解経

幽霊とかはたぶん関係ないと思うけど
ちょっとビビった話。スレ違いだったらスマソ。

俺は今東京で一人暮らししてんだけど
実家に帰るとき夜行バス使ってんのさ。
続きを読む

さかさづりが来る!

二か月前まで働いていた病院での体験。

足を折った幼い女の子が入院してて、その子がある病室の前を通るとすごく怯えるんですね。早く行こうよ、って。
気になって聞いてみても何にも言わないし放っておいたんですけど、
続きを読む

紙人形

初投稿です。
ちょうど3年前の話。
「やっぱ夏は肝試しだろ!?」
という私の思いつきで、友人のH、Mと事故で死人が出たばかりのトンネルへ遊びに行きました。
続きを読む

変わったお面屋

今から5、6年程前の初夏の話。
知人が持っているある地方の別荘を貸してもらえる事になったんで、
俺と彼女は車で小旅行にでかけたんだ。
チェックイン時間とか気にする必要もないので、途中に色々寄り道していたら
予定よりおそくなってしまった。
続きを読む

深夜の潮干狩り

もう10年も前の話になるんだが、いまだに思い出すと不思議で怖い。
自分には霊感なんか無く、肝試しや夜の山とか海とか人並みに行ってたけど 霊体験なんてしたことなかった。
信じてないわけでもなく、普通に怖がりだけどテレビで見たり文章を読んだりする程度。
続きを読む

古本屋でのこと

古本屋
俺は二年くらい前から小さい古本屋でバイトをしてる。
まさに「古本屋」のイメージ通りの店。
床や柱は黒っぽい木造で、ちょっと暗くて古めかしい感じなんだが
俺が来る前に入口を改装したらしく、そこだけ不自然に自動ドアになってる。
続きを読む

待ってて

ピザ屋のバイトをしていたN君の話。
注文のピザを届けに行くと、そこは塀に囲まれた、わりと大きな一軒家で
小さな門があり、数メートルほど奥まったところに玄関。
門が開いていたので「ごめんください」と入っていって玄関のチャイムを押した。
すると「はーい、待ってて」という返事。
続きを読む

虚ろな顔

ここって本に載ってた話でもいいのかな?
昔図書館で借りた、心霊体験談を集めたような本だった。

語り手Aの体験談。割と脳内補完している。
高校の頃のクラスメイトにBという男がいた。
続きを読む

赤い一輪車

オレの体験談です。
ちょっと長いけどけど。読みづらかったらごみん。

オレが5年前ぐらいに住んでたアパートの話。当時オレは全くといっていいほど金がなくて、
日当たり最悪のボロアパートに住んでたんだ。
続きを読む

辰眼童さま

もう8年前になるかな・・・

当時高校生で、夏休みの時期でした。
6年ぶりに、遠くに住んでる祖父母に会う、と父が言いました。
夏休みももうそろそろ終わりで、遊ぶ金も使い果たしたので暇つぶしにいいかなと。
続きを読む

実験動物

私は、ある大学の研究室に研究生として、在学しています。
どこの大学も同じだと思いますが、色々な動物を実験材料として飼っています。
その動物たちはみな人間のために実験台にされ、数知れない動物たちが死んでいきます。
続きを読む

よくある話ではあるけれど、私が知る一族の実話。
とても長い話になります。

瀬戸内海に面するあるところで、その地域ではやや名の知れた商家があった。
続きを読む

階段怪談

突然だが、"階段怪談"って遊び、知ってる人いるか?
検索してヒットしないから、多分俺の町だけの話なんだろうけど、それについての洒落にならん話を一つ。
俺がその遊びを知ったのは小学6年の頃だった。
俺は普段、5年から同じクラスだったABCと男子4人でつるんでいて、クラスでは結構うるさい方だった。
続きを読む

旧校舎の肝試し

私が工房の時に実際に体験した話をしたいと思います。

場所は、中国地方の中心とだけ言っておきます。
そこは、今は新しい校舎が出来、現在はもしかしたら取り壊されてるかもしれない、
某高校の旧旧校舎であった話です。
続きを読む

団地に配達

17か18年前の話。

中学生の分際で朝刊を配る新聞配達のバイトしてたんだけど、その時に配達を任されてた場所が、大きな団地1棟とその周りだけだった。
その大きな団地で起きた体験なんだけど・・・
続きを読む

この先

友人に山岳部のやつがいるのだが、そいつが何処だか忘れたが結構有名な日本の山に部員とのぼった時
ちょうど山の中腹ぐらいで濃霧が立ち込めてきて他のメンバーとバラバラになったとかで
とりあえず目標の山小屋まで行こうとおもい登っていったらしい。
続きを読む

道徳の授業

小学生の時の「道徳」の授業。

当時私の学校で使っていた道徳の教科書には、不気味な少女の絵が表紙になっていました。

ただ不気味なだけではないのです。
続きを読む

ストーカー

ある一人暮しの女性がストーカーの被害に悩まされていた。
ゴミが荒らされた形跡があったり、彼女の家の前にずっと立っている男が近所の人に目撃されたり・・・
なによりも彼女を悩ませていたのは、毎日必ずかかってくる無言電話の存在だ。
続きを読む

新聞配達

私が十数年前、下関市に住んでいた頃の出来事です。
当時新聞配達のバイトをしていたのですが、一軒だけとても嫌なお客さんがおりました。
なぜかと言うと、通常の配達順路を大きく外れている上、鬱蒼とした森の中の長い坂道の突き当たりにある
続きを読む

足音


4年前、母が亡くなった時のお通夜の後のことを話します。
私自身は見える人でもなく家族の中にもそういう人はいません。

お通夜が終わってお寺に留守番の親族と母の遺体を残し、父と妹と私は実家で一眠りすることにしました。
続きを読む

スポンサードリンク
ソーシャルボタン
記事検索