怖い話のまとめ - オカ学.com

怖い話の投稿型のまとめサイト。怖い話を厳選し短編、中編、長編と長さごとやカテゴリーごとに分類ししました。意味がわかると怖い話、都市伝説、不思議な話、怪談、ホラーなどここでしか読めない話も多数

不思議な泣ける話

スポンサードリンク

従妹が亡くなった

従妹が19歳という若さで交通事故で亡くなりました。 

半年位経った頃、夢を見ました。 
従妹の家に沢山の人が訪れ、皆それぞれ食事をしながら談笑しています。 
わたしの隣には従妹が座り、ずっとおしゃべりをしていましたが、
その場に居る誰もが従妹は死んでいる人と分かっている、といった内容でした。 

続きを読む

お盆が来る度に思い出す不思議な話。


怖くはないけど、お盆が来る度に思い出す不思議な話。

今から10年ぐらい前、長男が4才の時の夏。
俺達家族は例年のごとく俺の実家に帰省していた。
父は10年以上前に事故で亡くなっていて、実家には祖母(父の母)と母の二人。
長男も4才になり、おもちゃなどがあれば一人で遊ぶ事が出来るようになっていた。
実家は古い家屋で部屋数も多い。
長男は持参したおもちゃを持って空き部屋で遊んでいる。
続きを読む

糸切りばさみ


20年くらい前の話。田舎で祖母が死亡した時のこと。

母方の実家は地元では名士で、医者でも教師でもないのに「先生」とまわりから祖父は言われていた。
そういう人なので、あちこちに愛人をつくったり結婚離婚を繰返したり、祖母はそんな祖父に一生振り回された人だった。
そして、その祖母が死んだ時、腹違いの兄弟たちが、
祖母の些細な遺産を譲るもんかと、祖母の長女であるうちの母に、
続きを読む

貯金箱


小学生の頃、両親共働きでカギッ子だった俺は、学校から帰ると近所のおばーちゃんの家に入り浸っていた。
血縁者ではないが、一人暮らしのばーちゃんは、俺にとても良くしてくれたのを覚えている。

「ばーちゃんコレ見てや!新しいバイクやで」
当時仮面ライダーが大好きだった俺は、人形や本を持ち込んでは、かっこよさをバーちゃんに語っていた。
「ヨシ君は本当にバイクが好きなんやねぇ」
続きを読む

鏡の中のナナちゃん


私は幼い頃、一人でいる事の多い子供でした。
実家は田舎の古い家で、周りには歳の近い子供は誰もいませんでした。
弟が一人いたのですが、まだ小さくかったので一緒に遊ぶという感じではありませんでした。
父も母も祖父も、弟が生まれてから、以前ほど私をかまってくれなくなって、
少し寂しかったのだと思います。
とにかく、その頃の私は一人遊びで日々を送っていました。私の家は古い田舎造りの家で、小さな部屋がたくさんありました。
続きを読む

同じ人


今から数年前、新卒で就職した会社から転職をしたときの話。

新しく働くことになったA社は、社長の親戚が経営するB社と仲がよかった。
行事やイベントのときはAB社合同で行っていて、
そのときに会ったのが、B社に最近転職してきた華子(もちろん仮名)だった。
私と華子は出社時期も一緒、しかも名前もほぼ一緒。
続きを読む

お蕎麦屋さん


JRがまだ国鉄と呼ばれてた頃の話。

地元の駅に蕎麦屋が一件あった。いわゆる駅そば。
チェーンではなく、駅の外のあるお蕎麦屋さんが契約してた店舗で、
旨い安いでも種類が無い、おまけに昼はやって無いという、趣味でやってるサラリーマンサービスみたいな店だった。
乗り換え駅でもないけど快速が止まる駅ではあったので、
急行普通乗り換えの時間帯や、朝と晩から終電近くまで結構にぎわってる店だった。
続きを読む

木守り


皆様は木守りという風習を御存知でしょうか。
実った木の実を全て取り入れてしまわず、いくつか残す風習は昔からあって、
取り入れずに残した実のことを、木守り(きまもり)と呼びます。
諸説ありますが、来年もまた沢山の実をつけてくれるように、という願いを込めた行為です。

これは、私の祖父の姉が子供の頃に体験したお話です。
続きを読む

毎朝氷を買いに来る若者


これはうちのじいちゃん(既に逝去)に聞いた話。

じいちゃんは、鉄工所をやっていた腕利きの職人だった。
じいちゃんが若い頃(戦後間もなくだと思う)、仕事の得意先に製氷所があったそうな。
その製氷所のオヤジがじいちゃんに言うには、毎朝氷を買いに来る若者がいたそうだ。
続きを読む

わけあり物件

半年位前のことなんだが。 
今のアパートは所謂『出る』という噂のあるワケアリ物件。 
だが私は自他共に認める0感体質、恐怖より破格の家賃に惹かれて一年前に入居した。 

で、この部屋の台所の壁の一角に、変な形の染みがあった。 
人間を逆さまに吊るしたような形で、0感の私もこれは流石に気味が悪く、
好きなアーティストのどでかいポスター(畳一畳分くらいある)を貼って隠すことにした。 
続きを読む

病院に運ばれた記憶

私は子供のころ雷に打たれたことがあります。 
左腕と両足にやけどを負いましたが、幸いにも大やけどではなく、
現在は左腕と左足の指先にかすかにやけどの跡が残っているくらいに回復しました。 
よく雷に打たれた人が不思議な力を持つようになったとか、特別な能力に目覚めたとか、そういう話を聞きますが、
残念ながら私にはそういう覚醒みたいなことはありませんでした。 
続きを読む

天井の足跡

今から14年前に家を建て替えようって話になって、一時引っ越すことになりました。 
その時に借りた家で体験したお話です。 
場所は愛知県の岡崎市で、2年ほど前に近くを寄ったとき見ましたが当時のままでした。 

築年数自体は結構経っている木造の家屋で、一部雨漏りなんかもしてました。 
引越し先の借家では、兄と自分で二階の一部屋を使うことになり、 
続きを読む

川岸の戦友

怖いというか、怖い思いをしてきた爺ちゃんのあまり怖くない話。 
俺の死んだ爺ちゃんが、戦争中に体験したって話だ。 

爺ちゃんは、南の方で米英軍とドンパチしていたそうだが、 
運悪く敵さんが多めのとこに配置されちゃって、ジリジリ後退しながら戦う毎日があったそうだ。 
続きを読む

苦労かけるな馬鹿野郎


夜に自室の2Fで、一人で本読んでたときのこと。
実家は立てた場所が悪かったのか、ラップ現象が絶えんかった。
自分は単に家鳴りだと思ってたんだが、その日はポスターが鳴ったのでおかしいなぁと思っていた。
そのうち外で階段を上ってくる足音がして、兄貴が帰ってきたんだと思った。
けど、階段の足音がいつまで経っても止まない。
続きを読む

見守る人


これは俺が小学二年生の時の話です。怖くはないんですけど、良かったら読んで下さい。

その日、自転車でブラブラしていた俺は、小さな公園があるのを発見した。
ブランコと滑り台、それと砂場があるだけの小さな公園。
続きを読む

おんぶしてあげるよ


実際自分が体験した話ですが、去年、祖父が亡くなりました。
僕は祖父にはよくかわいがってもらいましたが、何の恩返しもできないまま逝ってしまいました。
不思議な体験というのは、その祖父の葬儀のとき起こりました。
続きを読む

ごめんね、、、ごめんね、、、

私が12のとき、両親が他界した。私には三つ年下の弟が居たのだが、それぞれ別々の親戚に引き取られた 。
一ヶ月も経たないうちに親戚の私に対する態度は冷たくなり、私は高校進学を諦め、工場に就職し一人暮しを始めた。
続きを読む

もどり雪

1月の終わり、山守りのハルさんは、山の見回りを終えて山を下っていた。
左側の谷から、強烈な北風に舞い上がった粉雪が吹き付けてくる。
ちょっとした吹雪のような、『もどり雪』だった。
続きを読む

母からの電話

怖い話ではないんですが、話させていただきます。

これは、友達から聞いた 一人暮らしの女の子がうつ病になった時に体験した不思議な話 です。その女の子は人間関係が原因で仕事をやめてほとんど引きこもり状態になって 毎日死にたいと思うようになっていたそうです。
続きを読む

カーテンの向こう

これは俺が中学生の時の体験で
恐怖感はあまり無く、今でも思い出すと不思議な気持ちになります。

中学二年の二学期に、急性盲腸炎で緊急入院しました。定期テストの前だったのでよく覚えています。
続きを読む

スポンサードリンク
ソーシャルボタン
記事検索