会社の同僚は常に霊の存在が見えているらしく年に1週間位だけ霊が見えなくなる時があって人口が減るから清々しいと話してた。
だから、そんな彼は営業先から帰ってきた他の同僚を見ては
「汚い野良犬みたいな犬が3匹いつて来ている」とか
「怒った山鳩が頭の上に乗っている」とか「狐が肩に乗っている」とか、
その狐の尻尾が動いた時にオスだと分かったとか言って笑ったりしてた。続きを読む