怖い話のまとめ - オカ学.com

怖い話の投稿型のまとめサイト。怖い話を厳選し短編、中編、長編と長さごとやカテゴリーごとに分類ししました。意味がわかると怖い話、都市伝説、不思議な話、怪談、ホラーなどここでしか読めない話も多数

TR

スポンサードリンク

黒いマニキュアの女


  「俺」がこの相談に乗ったのは、ハタチの頃だったと思う。もう16年以上前の話になる。

  事の発端は、そいつの親父が中古住宅を買ったこと。事故物件でもない。立地も悪くない。不動産屋にも掘り出し物と紹介されたらしい。

  俺とそいつは大して仲がいい訳でもない。前にやっていたバイト先の同僚。友達よりは遥かに知り合いに近い存在だ。名前を出すと問題ありそうだから「A」としておこう。
続きを読む

事故物件


レッカーの仕事、スーパーエースの話37です。

今回はフトン屋さん時代後期の話。

冬だったそうです。ある日、先輩のAさんがぶしつけな質問をしてきました。
「確実に幽霊の出る部屋知らないか?」
この人は何を言ってんだろうか?と思ったんですが、理由を聞くと納得。

続きを読む

失名の神 前編


レッカーの仕事、スーパーエースの話36です。

注意:長いです。長いの嫌いな人は読まないで下さい。

夏休み特別企画!!
ということで、今まで佐藤君から色々と聞いた話で、一番書きたかった話を。


「とにかく、あの頃の俺は無知で無謀でバカだったんです」
初めてこの話を聞いたとき、佐藤君はそう言いました。
結果として消えてしまった人の命があり、少なからずそれを自分のせいだと思っている彼の口調は、まるで懺悔のようだったのを覚えています。


続きを読む

短編集

レッカーの仕事、スーパーエースの話35です。

今回はちょっと趣向を変えます。

佐藤君がたまたま遭遇しただけで、理由とか前後関係が全く分からず、物語にできないような出来事を集めてみました。

続きを読む

死蟲2

レッカーの仕事、スーパーエースの話34です。

今回は、リクエストがあったので死蟲の話を。ただ、佐藤君に「死蟲の話いっぱいして」と言ったら「ない!」と言われました(笑)よく見るしその辺に飛んでるけど、話になるようなことは前回のことくらいなんですって。
とりあえず、それでも頑張って聞いて、何とか話にしましたので(笑)つまんなかったらごめんなさい。
続きを読む

海水浴

レッカーの仕事、スーパーエースの話33です。

関東ももうすぐ梅雨明け。今年は暑いので海に行く人も多いと思います。と言う訳で、嫌がらせのようにこんな話を(笑)

中学を卒業した次の年の夏。フリーターとしてはぶっちぎりで若い佐藤君は、幽霊が見えると言い振らしていたことも手伝って、バイト先のお兄さんお姉さんからは相当可愛がられていました。(実際何度かの怪現象を言い当てたり実績もあったらしい)
続きを読む

お通夜

レッカーの仕事、スーパーエースの話31です。

今回は佐藤君24歳頃って言ってたんで、布団屋さん時代ですね。とはいっても仕事のことではなく、プライベートでの出来事です。

7月に入ってすぐ、丁度今頃の時期。土建屋さん時代の上司でそれなりにお世話になった方が亡くなりました。
原因は、その時は自殺と聞かされていたそうです。ドアノブでの首吊りだったようなのですが、人柄を知っている佐藤君としては、とても自殺なんかする人じゃなかったと、大変なショックを受けたようです。

翌日お通夜があり、当然佐藤君も参列することに。駐車場や玄関口で会った元の同僚や上司に挨拶し、取り合えず話は後でいいから焼香してこいと言われて、斎場に入りました。
続きを読む

結界

レッカーの仕事、スーパーエースの話30です。

30だって(笑)1ヶ月分ですね。彼にとっては毎日がこんな感じなのでしょうけど。普通の人も、毎日がこんな感じだと慣れるんでしょうか?
さて、今回は土建屋さん末期。南関東の山の中にある町と言うより村なのかな?という場所で、山中のある場所に納屋を作るという仕事を受けた時の話です。

続きを読む

鈴の音

レッカーの仕事、スーパーエースの話29です。

梅雨っぽい陽気になりましたので、雨の日の話を。佐藤君14才、中学時代の話ですね。

この年はいつになく冷夏で、なかなか梅雨が開けなかったそうです。
6月か7月か忘れたようですが、台風が近づき梅雨前線が活発になって大雨になった日、佐藤君と悪友の酒井君他2名は、危ないのは百も承知で近くの川の増水を見に出掛けました。

3日~4日降り続いた雨で、想像以上の増水っぷりに4人の中学生は大はしゃぎ。
学校帰りの制服のまま、水際ギリギリまで行って遊んでいたそうです。
しばらくワーキャーやっていると、巡回中のお巡りさんに見つかって怒られ、渋々帰宅することに。
続きを読む

化け猫


レッカーの仕事、スーパーエースの話28です。

今回は、佐藤君21歳。土建屋さん時代ですね。
会社の先輩で渓流釣りが好きな人がいて、その人の計画で会社の夏休みに北関東の山の中に釣りに行った時の話。
若手で仲の良かった、佐藤君含む5名が参加。佐藤君自身は渓流釣りというか、釣り自体初めての経験で、かなり楽しみにしていたようです。
予定期間は3泊4日で、先輩のワンボックスカーに全員が乗り合いました。

高速を降りた車は次第に山の中に。川が見え始めると、先輩の釣り談義が始まりました。とはいえ、何を説明されても全く分からない佐藤君。他のメンバーも、釣りはやったことはあるが渓流は初めてという面子だったことを、この時初めて知った先輩でした。
続きを読む


レッカーの仕事、スーパーエースの話26です。

今回の話は佐藤君がウチの会社に入ってすぐの話。TRに弟子入り?(笑)するちょっと前ですね。

昼間の通常便で、1台しか乗らないキャリアカーを使ってルートや積み降ろしの勉強中の頃のこと。
丁度今頃の季節、草の匂いが強くなり虫が飛び、鳴き出す頃でした。

佐藤君には、春夏秋冬昼夜問わず飛び回る虫が見えています。「死蟲・しむし」と言うのだそうです。
お婆さんがそう呼んでいたので、それ以外の言い方は分からないらしいのですが、真っ黒でまん丸、サイズは蝿より少し大きい。綿毛のようなものに包まれていて、音もなく飛び回る。動きはあまり早くなく、蚊と蝿を混ぜたようないやらしい飛びかたをするそうです。
続きを読む

心霊写真


レッカーの仕事、スーパーエースの話24です。

今回は、Twitterでリクエストを受けたので、写真にまつわる話を。時代的には20歳ソコソコと言っていたので、土建屋さんの頃でしょうか。

よくテレビなどでも心霊の特番や、夏になると各番組のコーナーで心霊写真が持ち上げられますが、佐藤君いわく、専門家に鑑定してもらって解決するもの、もしくは原因が分かるものばかり。つまり、ほとんど偽物だそうです。
ただ、ごく稀に「あぁ、これは写ってる」と思うものがあるようで、今回はそんな一例ですね。

続きを読む

貰い物


レッカーの仕事、スーパーエースの話23です。

今回は、フトン屋さん時代中期頃の話です。

佐藤君がいた頃は、例えば現場にあるものを処分して欲しいと言われた場合、所有権が会社に一度移り、その後会社の責任で処分することになるそうです。もちろん書類にサインは貰うそうですが。

処分と言っても、中にはまだ新しかったり、全然使えるものもあるようで、暗黙の了解として、現場にいた人間が貰っていくことが多々あったようです。酷い会社だと、そのままリサイクルショップに売り渡すとかもあったみたいです。
現在はどうか分かりませんが。
続きを読む

リフォーム


レッカーの仕事、聞いた話⑧です。
何か聞いた話は久しぶりですね(笑)ずっと佐藤君の話だったので。なので、残念ですが今回は佐藤君登場しません。

先日、仕事関係ではなくプライベートの後輩から聞いた話。後輩はAとしときます。

Aは、建築関係の仕事をしていて、最近ではリフォームの現場監督がメイン。
2ヶ月ほど前、ある家からリフォームの依頼があり、打ち合わせと下見のために現地に行ったそうです。

少し街から離れた(といっても、んな田舎ではない)昔からの家が多い地区で、その家もかなり古い大きな家だったようです。
続きを読む

怖い方の人


レッカーの仕事、スーパーエースの話22です。

今回は、大分昔の話になりますね。佐藤君が子供の頃に体験した話です。
この4月に人事異動などがあって、俺も佐藤君もちょっとだけ出世しました(笑)その時に飲み会あったんですが、前から気になってた質問を佐藤君にしてみました。

「最初に見た幽霊って覚えてんの?」

最初かどうかは分からないけど、一番古いのは…と言って話してくれました。
続きを読む

霊視


レッカーの仕事、スーパーエースの話⑳です。
今回は、フトン屋さん時代後期の話ですね。

その頃、佐藤君の相方をしていたのは入社半年の見習いさんでした。業種が業種なだけに定着率はすこぶる悪く、20人来て1人残るかどうかという世界だったようです。いつも新人指導してるみたいで、そっちのが疲れたと言ってました。

さて、その見習いさんですが、A君としましょう。A君は性格もルックスも普通の、あまり特徴のない人でした。
そのA君と同期で、彼とは真逆に個性が強く、性格もちょっとキツメのB君がいました。彼らは端から見ると友達になりそうもないのですが、何がどうなったのか、まるで親友さながらの関係になっていました。
続きを読む

霊園


レッカーの仕事、スーパーエースの話⑲です。コメントに、時系列で並べ替えてくれと書いてあったんで、並べます。時代が同じだと似た話ばかりで密集すると思い(例えば佐藤君がフリーターの頃は、心霊スポットの話ばかりになるので)、飽きないようにワザとバラけさせてたんです。
まあ、読み返すような話じゃないと思うんですが(笑)読んでいただいてありがとうございます。聞いた話もTR体験談も全部合わせて並べ替えました。

(佐藤君幼少期)祈り→仏壇→桜→(佐藤君中学生)廃屋→花火事件→落下物→(佐藤君中学卒)トンネルにて→絶叫→(佐藤君土建屋入社)呼ぶ声→(TR現会社入社)マイカー搬送の仕事→経歴不詳→モトカレ→守護霊→(佐藤君フトン屋入社)着信→髪→彼女の話→人形→新居→血のり→化け物→(佐藤君現会社入社)死亡事故→幽霊騒動→死体遺棄→回送バス→仮眠→レッカーの仕事→先住者→引っ越し
続きを読む

絶叫


レッカーの仕事、スーパーエースの話⑱です。ちょっとこの一週間色々と忙しくて、同じ会社にいながら佐藤君と会わない日々が続いたので、前に聞いた話を思い出しながらになりますがご容赦を。

佐藤君が17歳頃の話。
バイト先の心霊スポット好きの先輩に連れ出され、バイト仲間数人で某廃ホテルに行ったそうです。
そこは、今はもう無くなってしまったそうなんですが(俺も若い頃行ったことある)、2階建てのラブホで、2階で火事があり数名が死んだとか、オーナーが首を吊ったとか、殺人があったとか、まあ有りがちな噂のある場所でした。
続きを読む

引っ越し


レッカーの仕事⑤です!
今回は、スーパーエースの話ではなく、今日TRが体験した恐怖体験です。まあ、佐藤君もその場にいましたけどね。でも怖かった~(笑)あの部屋ヤバイです。興奮冷めやらぬうちに書きたいと思います。

事の詳細は「先住者」の話を読んでもらえると助かります。
その登場人物のA君が、やっと引っ越し決まって今日手伝ってきました。
続きを読む


レッカーの仕事、スーパーエースの話⑰です。ずいぶん前に、質問で感動したり心温まる話ないですか?と言われて、佐藤君に聞いてすぐ書かずに時期を待っていた話。もうそろそろ桜咲くかな~と期待しながら書きます。


佐藤君のフトン屋さん時代の同僚(だいぶ年上だけど)の奥さん、A子さんから聞いた話だそうです。

A子さんは、大学を卒業してすぐ某会社に就職。仕事もソツなくこなし、人柄も良く、かわいらしい笑顔が魅力的。そのため、特に男子社員や上司からは必要以上にもてはやされたようで、女子社員の受けは悪かったみたい。
続きを読む

スポンサードリンク
ソーシャルボタン
記事検索